Home   トピックス   ラトビア語教室  
2018/10/17 水曜日 01:52:26 JST
Home arrow トピックス arrow 2018年4月のニュース arrow 【4月6日】ラトビア音楽祭が終了しました(続報)
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【4月6日】ラトビア音楽祭が終了しました(続報) PDF プリント メール
作者 webmaster   
2018/04/07 土曜日 08:35:03 JST


 

日本の一番素敵な季節に来日したジンタルスは、我孫子、早稲田、さくらホールで歓迎演奏した多くの合唱団とのレセプションで友好を深め、その間、満開の桜もエンジョイしたようです。

2日には鎌倉市長表敬訪問と散策も行い(別掲)、翌日、様々な思い出を残して無事帰国の途につきました。素晴らしい1週間だったようです。

 

ラトビア音楽祭には多くの賞賛の声が寄せられていますが、明石から来られた「魚住コーラスわかくさ」の指揮者・嵯峨山まり子さん(会員)のメールを紹介します。

 

音楽祭関連のレポート・写真はまだまだ続きます。(編集室)

 

最後まで感動の涙が止まりませんでした。

 

嵯峨山まり子

 

ラトビアに行かれる合唱団「ガイスマ」の皆様は、ピッチが良く美しいラトビアの曲を見事にハモって歌っていらして、日本の普通の合唱団と全く違う美しさでした。私は最初から泣いてしまいました。ラトビアの合唱曲は和声やメロディーが美しくその音楽文化の深さや伝統の持つ素晴らしい芸術性の深さを感じました。


 NHK児童合唱団ユースシンガーズもとにかく美しく声がホールに響き渡りました。コップで音(D,E,とFis?)を出しながら、ホールいっぱいに響かせる歌声は本当に素晴らしかったです。
 

男声のお江戸コラリアーずがまたいい声でラトビアの曲を本当に素晴らしく、とにかく開幕からずっと涙が止まらず泣きっばなしでした。
合唱は、ハモらないといけないし、よく前から聞いていた「音が上に上がってホールが鳴りだす」と言うのは、なるほどこう言うことなのかと長い私の合唱人生で今までにない経験をさせていただきました。


最後のジンタルスはやはり声がのびやかで、期待通リ非常に澄みきった透明な声とハーモニーでした。天から舞い降りてきたようなその美しさに魅了させられました。
 

終わってアイラ・ビルジニャ先生にお会いできて舞い上がってしまいましたが、プレゼントを直接お渡しできたことも感無量でした。


 
さすがに日本を代表してラトビアに行かれる皆様や日本を代表する合唱団体の皆様の演奏と、はるばるラトビアからいらしたジンタルスの皆様の歌声をお聴きすることができ最初から最後まで感動の連続でした。本当によい機会を与えていただきありがとうございました。
7月のラトビア歌の祭典参加のお話をまた楽しみにしております。


写真はステージ上の記念写真、NHK児童合唱団ユースシンガーズ・メンズクワイア、お江戸コラリアーずのステージ写真と、笑顔のアイラ・ビルジニャさんです。

 

※PCトラブルで写真の掲載が遅れました。何とか修復しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最終更新日 ( 2018/04/07 土曜日 20:27:11 JST )
 
< 前へ   次へ >
サイト内記事検索
人気記事