Home   トピックス   ラトビア語教室  
2021/03/02 火曜日 23:41:02 JST
Home arrow トピックス arrow 2016年9月のニュース arrow 【9月24日】和やかに当協会創立12周年記念レセプション開催
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【9月24日】和やかに当協会創立12周年記念レセプション開催 PDF プリント メール
作者 webmaster   
2016/09/25 日曜日 18:23:44 JST

 

 

当協会創立12周年記念レセプションが919日、一ツ橋の如水会館で行われた(出席39名)

1210分、加藤晴生専務理事が開会の言葉、会の進行は田中亨理事が務めた。

島田精一会長挨拶では、音楽協会の現状と今度の課題に触れた。続いてノルマンス・ペンケ大使(当協会名誉会長)が、協会への感謝を述べ、今後の協会活動への全面協力を確約した。藤井威最高顧問の乾杯挨拶で開宴、主賓として挨拶に立った高月嘉彦NHK東京児童合唱団運営委員長は、20188月にフィンランド、エストニア、ラトビア演奏旅行を公表した(訪問順)。ピアニストの久元祐子理事が挨拶代わりにモーアルトを軽快に、矢田ちひろ会員がベートーベンを重厚に演奏した。さらに協会合唱団「ガイスマ」のメンバー14名がラトビア民謡を演奏して大きな拍手を浴びた(指揮:佐藤拓)

この日は参加者全員が自己紹介を兼ねてスピーチ。いつもは歌を披露する小田陽子さんは東川町が出版した「ラトビア民謡集」を紹介、大成宣之会員は自ら立ち上げた「ラトビア文化と歴史研究会」の成果を披露するなど、興味深い話題が次々に披露された。

 

写真 ①ペンケ大使挨拶 ②右から島田会長、藤井名誉会長、江田N児事務局長、久本理事 ③小森宏美早大教授、川島会員と談笑する大使 ④演奏中の久元理事(119日サントリーホールブルーローズでモーツアルトソナンタ全曲演奏vol2開催) ⑤挨拶する大成会員、中城会員、3人目が進行役の田中理事 ⑥大使を囲んでガイスマメンバーが記念写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終更新日 ( 2016/09/27 火曜日 16:02:32 JST )
 
次へ >
サイト内記事検索
人気記事