Home   トピックス   ラトビア語教室  
2018/10/20 土曜日 02:42:26 JST
Home arrow トピックス arrow 2013年3月のニュース arrow 【3月17日】首都リガ市写真ショウ1 藤井会長連載9
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【3月17日】首都リガ市写真ショウ1 藤井会長連載9 PDF プリント メール
作者 webmaster   
2013/03/17 日曜日 17:21:02 JST

 写真で見るラトビアの歴史⑨

ラトビア共和国首都リガ市写真ショウ①

花咲く娘たちがいるラトビア……

歌う若者たちがいるラトビア……我らの愛しい祖国!

                   (ラトビア国歌より)                                   

                             

                                      日本ラトビア音楽協会 会長 藤井 威 

  

 ① ダウガヴァ川対岸より見たリガ市旧市街全景 左からリガ城(大統領官邸)、アングリンカン教会、聖ヤコブ教会、リガ大聖堂の党が望める(20065月撮影)

  

② ダウガヴァ川対岸より見た夕暮れの旧市街地 かつてのカンザ商船は、ダウガヴァ川河口から約15キロ遡って市に接近したが、長い航海に疲れきった乗組員の目に、夕暮れのリガ市はこのように見えたのであろう。

    

 ③聖ペーター教会 ラトビアの首都リガ市(人口80万人)は1201年、ブレーメン司教アルベルトがダウガヴァ川の河口に上陸し礎石を置いたことに始まる。聖ペーター寺院はリガ大聖堂とともに、リガ市創建直後に創始された。ブレーメン音楽隊の像がこの地にあるのは、アルベルト司教の上陸を記念するもと言う。

                                                                                     

   

 ④聖ペーター教会のタワー頂上より見る旧市街地の全景 リガ市は1282年、ハンザ同盟に加入し、北海、バルト海からロシアの大地の奥深くに至る商業流通路の中心都市として繁栄する。ラトビア独立(1991年)後の1997年、リガ市旧市街を中心とする歴史的地区がユネスコの世界遺産に指定された。リガ市内聖ペーター寺院(13世紀創建)のタワー頂上の展望台(高さ72メートル)から旧市街地を俯瞰すると、ハンザ同盟都市のたたずまいがばれる。       

最終更新日 ( 2013/03/17 日曜日 17:27:13 JST )
 
< 前へ   次へ >
サイト内記事検索
人気記事