Home   トピックス   ラトビア語教室  
2021/03/02 火曜日 22:56:47 JST
Home arrow トピックス arrow 2012年5月のニュース arrow 【5月17日】最新話題あれこれ 情報断片2
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【5月17日】最新話題あれこれ 情報断片2 PDF プリント メール
作者 webmaster   
2012/05/16 水曜日 11:20:21 JST

20122 

  いきなり私ごとで恐縮ですが、31日に右足骨折、左手首捻挫し、2ヶ月近く、自宅で一人侘しく冬眠してしまいました。親友の死を見届けた病院から帰りのアクシデントでしたが、全く自分の不注意によるもので、自分の老化をしみじみ実感した2ヶ月でもありました。親しい知人からお見舞いのメールや電話を頂いたこと、このページを借りてお礼申し上げます。中には“お前も年齢を考えて行動しろ!”と思いやリに溢れ先輩の叱責もありました。手帳に書き込んだスケジュールは全てキャンセルを余儀なくされましたが、数枚のコンサートチケットを無効にしたのは無念でした。そんな訳でご無沙汰した情報断片を久し振りにお届けします。【Latvia編集室 徳田 浩】 

8回サロンコンサート525日開催

  当日本ラトビア音楽協会の事業としてすっかり定着した大使館でのサロンコンサートを525日に開催します。8回目の今回は初めて出演者を募集し、ピアノの北條陽子さんとソプラノの佐藤亜希子さんが出演されます。お楽しみに。お申し込み方法など 詳しくは57日付けのページをご覧ください。 

   当協会が2013年度活動の大きな柱としているラトビア歌の祭典参加は着々と準備が進行しています。あの舞台上で歌うとなれば、日本を代表するに恥ずかしくない合唱団で臨みたいと、協会合唱団ガイスマのメンバーを軸に出来るだけ多くの一般参加者を募る計画です。ラトビアサイドの許諾を含む詳細が確定次第、公募内容を発表します。関心のある方は“20137月上旬はラトビア行き”と予定してください。最高の感動を味わってください。 

日ラ友好の証し

シラカバ・オークの苗木すくすく成長(関西学院)

  20111020日、関西学院を訪問されたラトビア共和国ペーテリス・ヴァイヴァルス駐日大使より、日本・ラトビア国交樹立90年、国交回復20年を記念して贈られたシラカバとオークの苗木は、冬の眠りから覚め、スクスクと成長しています。関西学院の池田裕子さんが、同学院史編纂室のウエブサイドに成長ぶりを紹介するページを作っておられますのでご覧ください。http://www.kwansei.ac.jp/gakuinshi/SAPLINGS.htm 

 

 長澤護理事がCDを製作して美声披露

    元鹿島建設建築部長で稲門グリークラブ指揮者として活躍を続ける当協会理事の長澤護さん(元早稲田大学グリークラブOB会会長)が、CD「My Favorite Songs」を自主製作し、アマチュアとは思えない圧倒的なテノールの美声と歌唱力を披露しました。日本歌曲、イタリア民謡・歌曲、「衣装をつけろ」(パリアッチ)・「誰も寝てはならぬ」(トゥーランドット)などのオペラ曲など全14曲。全て今年1月に録音したものです。1936年生まれでいわゆる後期高齢者入りしていますが、若々しさと旺盛なバイタリティにただただ驚嘆する出来栄えです。早稲田大学グリークラブが生んだ超俊英の一人で、指揮者・ソリストとしての際立った活躍は伝説として語り継がれています。卒業後も仕事のかたわら稲門グリークラブの指揮者として継続的に活躍、念願の全日本合唱コンクール優勝を果したこともあります。現在も同クラブで活躍する他、岡村喬生先輩が主宰するオペラに出演するなど歌三昧に明け暮れる毎日を過しています。次項の東京稲門グリー定期演奏会も当然のようにフル出演しました。仕事の面でも、霞ヶ関ビル、恵比寿ガーデンプレースなどに従事するなど終始鹿島の第一線で活躍を続けました。エジプトカイロ駐在時代に建設を手掛けたオペラハウスで、後年、稲門グリークラブの演奏会を開催し、自ら指揮台に立って大喝采を浴びたこともありました。CDをお聴きになりたい方は編集室へ。

 見事だった東京稲門グリークラブ第5回定期演奏会

                              512 杉並公会堂で全曲暗譜演奏 

  年々会員が増える早稲田大学グリークラブOB会が2002年は規約を変更し、演奏団体としての稲門グリークラブは、OB四連、OB六連、OB会の記念演奏会などOB会全体の演奏活動に限ってその都度参加者を募集することにしました。これに伴い、首都圏在住のOBが常設合唱団として立ち上げたのがこの東京稲門グリークラブで、以前の稲門グリーの流れを受け継ぎ、10年の間に5回の定期演奏会の他、海外演奏旅行を含む様々な演奏活動を続けています。メンバーは年々高齢化し文字通り中高年合唱団ですが、気持ちは“いつも青春真っ只中”を標榜するだけに、今年も多彩なプログラムをオール暗譜で2時間歌いまくりました。私にとっては文字通り身内の後輩仲間たちで、その頑張りを絶賛し祝福しました。オンステした者だけが味わえる最高の達成感を満喫したことでしょう。かなり譜面の難しい曲も多かったようですが、少なくとも客席から見た感じは自信満々で歌っていました。暗譜故に生じた若干の問題点は止むを得ませんが、全員が心を一つにした心意気に頭が下がりました。とりわけ、トップテノールが質量とも見事でした。ベースが量的に不足したのが残念でした。 

《プログラム》

第1ステージ メンバーの投票に愛唱歌集 ※指揮:小林祥郎

2ステージ Meets ”ASIA”(アジアの作曲家に編曲・作曲を委嘱)※指揮:佐藤拓

3ステージ 男声合唱組曲「蛙の歌」(詩:草野心平、曲:堀悦子)※指揮小林祥郎、ピアノ・服部真由子

第4ステージ 男声合唱のための「四つの仕事唄」(作・編曲:小山清茂)※指揮:佐藤拓、和太鼓:原田祥吾

  第4ステージの「仕事唄」は、昨年の四連OB(大阪・シンフォニーホール)で稲門グリーが演奏したものの再演(東京初演)でしたが、一緒に歌いたくてうずうずしました。若い指揮者の佐藤拓君(平成9年卒)、見事でした。また男を上げましたね。ちなみに和太鼓の原田君はグリー現役3年生です。

 

 

東京六大学OB演奏会のご案内

  7月1日(日)1430分 ゆうぽうとホール(五反田)

    

   2年に1度開催している演奏会で、早稲田はもちろん稲門グリークラブとして参加し、男声合唱のためのカンタータ「土の歌」(詩:大木惇夫、曲:佐藤眞)を西田裕巳(昭和51年卒)の指揮、大室晃子のピアノで演奏します。あまりにも有名な作品ですが、現役グリーが2008年の定演で作曲者編曲の男声版を初演したものでその時のメンバーも数名出演します。

  東大(アカデミアコール)が「ドイツ合唱曲集」、慶應(ワグネルOB)が「尾崎喜八の詩から」(曲:多田武彦)、明治(駿河台倶楽部)が委嘱初演の「アルボール・ムンディ」(曲:佐藤賢太郎)、立教と法政が合同で「男声合唱のためのコンポジション」(曲:間宮芳正)という多彩なプログラムです。

  私が怪我のあと初めて外出したのがこの練習でした。今回も最年長になりますが、自分で全快を祝い残された人生を激励する意味でも熱唱したいと念じています。それはともかく、多くの方のご来場をお待ちしています。チケットのお問い合わせは09048461729(江澤・早稲田担当マネ)へ。(S2500円〈指定〉、A2000円〈指定〉、B1500円〈自由〉)

※毎年感想をお届けしている現役の東京六大学演奏会は残念ながら聴けませんでした(54日。ゆうぽうとホールで開催、今年が第61回)。 

最終更新日 ( 2012/05/19 土曜日 10:35:44 JST )
 
次へ >
サイト内記事検索
人気記事