Home   トピックス   ラトビア語教室  
2020/05/31 日曜日 21:46:22 JST
Home arrow トピックス arrow 2012年2月のニュース arrow 【2月29日】アクセス100万突破などなど 情報断片
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【2月29日】アクセス100万突破などなど 情報断片 PDF プリント メール
作者 webmaster   
2012/02/29 水曜日 22:47:52 JST

情 報 断 片 2012年1

 

                       Latvija編集長  徳田 浩 

今年2度目の都心大雪  予報通り、都心も早暁から大雪が降った。予定を変更して、久し振りに朝から自宅でゆっくり音楽を聴き、昼はマンションの5階から一人で雪見酒を楽しんだ。神田川沿いの桜並木が美しく雪化粧し、都電の雪帽子が何とも情緒に満ちていた。ところが夜食事に出て危うく転びそうに…。千鳥足で歩きながら、とたんに現実に戻された。東京は本当に雪に弱い。明朝は外出に苦労することになりそう。 

当サイトのアクセス100万突破  当サイトのアクセスが219日に100万を突破し、私が知るより先に加藤晴生専務理事からお祝いのメールが届いた。多くの会員からのお祝いメールには少々照れくさい思いもした。再構築して33ヶ月、財政的な理由で広報紙「Latvija」の定期発行が厳しくなってから、このサイトに根気よく各種情報を掲載し続けたことが、会員各位をはじめ、海外を含多くの方々の関心を高めたようで、定期的にアクセスを続けて下さった皆様に心から感謝したい。技術的な構築者である若い鈴木敬介君とも喜びを分かち合った。何よりもラトビアという国への関心が高まりつつあることを実感したことが大きな喜び。藤井威会長をはじめ、中身の濃い原稿や情報をお寄せ頂いたことが大きなパワーになった。私自身も初期の目標の一つに到達したという満足感を味わっているが、新聞育ちの私に出来ることは、新鮮なニュースを提供し続けること。これからも皆様の積極的な情報提供をお願いしたい。 

ヴァイヴァルス大使が6年連続東京マラソン完走  大使の6年連続フルマラソン完走は何とも快挙。4時間4539秒(非公式・公式記録は後日事務局から連絡予定)という記録も含めて絶賛したい。多忙なスケジュールの中、コンデションを調整してこの大会に出場し続ける大使の日本への強い思いが何とも凄い。大使自身は「一週間前から風邪をひき体調は良くなかったが、今年も完走できたことに満足している」と充実した表情で話しておられた。かけがえのない日本大使ながら、国家的にも次の任期延長は期待できないかも知れない。協会では、有志による大使の6回連続完走を祝う会を計画しているが、多くの会員の参加を期待したい。 

2013年ラトビア歌の祭典”参加に向けて  5年に1度、音楽王国ラトビアが総力を挙げて開催する歌と踊り祭典に、協会として参加しようという動きが高まっている。2008年に行った視察(見学)旅行ではなく、あの大ステージでラトビアの方々と一緒に歌おうというもの。私自身は1998年の祭典に稲門グリークラブの一員として参加し、あのステージで歌った感動は一生の思い出になっている。ただ、近年はラトビア人の祭典としての位置付けが高まり、外国人グループの参加がかなり厳しくなっているとか。しかし、当協会が創立以来果し続けたラトビアへの貢献が大きく評価されつつある。克服しなければならない課題は多いが、現地関係者や駐日大使館・本国外務省のバックアップもあって、承認される可能性が見えてきた。問題は日本を代表する合唱団として何名参加できるか。期間は630日から76日の予定。ガイスマのメンバーが主体になるが、他の多くの合唱愛好者にも積極的に参加を呼びかけ計画だ。協会の2012年度事業計画の柱として推進するが、会員各位の強力なバックアップをお願いしたい。ガイスマでは既に本番用の楽譜で練習に励んでいる。

   私個人はこのところ柔道関連の取材、執筆でちょっぴり多忙が続き、やっと今年初のコラムを掲載しました。ご笑読頂ければ幸いです。今年の8月に79歳になりますが健康状態は好調で、以前から活動を続けている協会合唱団「ガイスマ」、「いそべとし男声合唱団」の他、東京六大学OB合唱連盟演奏会(71日・五反田ゆうぽうと)に「稲門グリークラブ」の一員として出演を決め、3月早々から練習が始まります(佐藤眞作曲・男声合唱のためのカンタータ「土の歌」他)。昨年の東西四大学OB演奏会に続いて、今回も最年長出演になりそうですが当日は是非ご声援を。新たに新春から、週1回練習がある稲グリシニア会にも参加し、老骨を鞭打って秋の定期演奏会フル出演を目指しています。初めて取り組む新実徳英作曲の「花に寄せて」がとても新鮮で感動的な作品です。いやはや、今年も大好きな合唱を中心に多忙な年になりそうです。昨年から始めた10年連用日記はまだ2年目ですが、何とか元気に頑張り続けます。皆さんの近況(PR含む)を是非お知らせください。( このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい        

最終更新日 ( 2012/02/29 水曜日 22:49:00 JST )
 
次へ >
サイト内記事検索
人気記事