Home   トピックス   ラトビア語教室  
2020/09/29 火曜日 02:53:21 JST
Home arrow トピックス arrow 2011年9月のニュース arrow 【9月20日】画期的成功を収めた岡村副会長の「蝶々夫人」
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【9月20日】画期的成功を収めた岡村副会長の「蝶々夫人」 PDF プリント メール
作者 webmaster   
2011/09/20 火曜日 21:39:14 JST

   イタリアのトーレ・デル・ラーゴ野外湖畔劇場で3回にわたって上演された岡村喬生氏演出の新国際版「マダマ・バタフライ」は画期的成功を収めたが、現地の新聞雑誌や日本の各メディアが伝えた講評が下記の岡村喬生ホームページに掲載されている。Okamura Informationをクリックしてご覧ください。

 http://www.takao-okamura.com/index1.htm 

  上演の模様は10月中旬以降にNHKBSプレミアムで放送されるのでお見逃しなく。さらに12月には恒例のNPOみんなのオペラ「オペラクラス」で岡村氏が自ら詳細を語る。また来春にはテレビとは全く違った切り口で制作された劇場映画の全国公開が予定されている。【Latvija編集室】

 岡村喬生卒寿記念リサイタルのご案内 

20111029日 14時開演 浜離宮朝日ホール

ますますお元気な岡村副会長の歌とトークをご堪能ください。

全席指定 A6000円 B5000円 C4000

お問い合わせは TELFAX 0339943552NPOみんなのオペラ事務局)

最終更新日 ( 2011/09/20 火曜日 21:41:31 JST )
 
< 前へ   次へ >
サイト内記事検索
人気記事