Home   トピックス   ラトビア語教室  
2021/03/02 火曜日 22:26:26 JST
Home arrow トピックス arrow 2010年4月のニュース arrow 【4月1日】吉田裕史さんがラトビア歌劇場で「蝶々夫人」指揮
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【4月1日】吉田裕史さんがラトビア歌劇場で「蝶々夫人」指揮 PDF プリント メール
作者 webmaster   
2010/04/02 金曜日 14:38:54 JST
 

吉田裕史さん(40歳)が527日、ラトビア国立歌劇場でプッチーニの「蝶々夫人」を指揮します。同氏は今年1月に同歌劇場で「椿姫」を指揮し絶賛を博しました。これが同歌劇場での日本人による初の客演指揮で、今回は同氏の“凱旋公演”となります。素晴らしい快挙で、当協会からも拍手を贈りたいですね。

 

掲載した新聞は吉田さんの「椿姫」公演を大きく報じた時のラトビアの代表紙Diena。詳細は下記ページ(吉田裕史公式サイト)を参照下さい。新聞の翻訳なども掲載されています。参考までにラトビアのNoFromの意味です(見出し)。なおこの情報は吉田さんの友人・石渡康会員から寄せられたものです。【Latvija編集室】

 

 

 

 

 

 

 

 

    

http://www.hirofumiyoshida.com/blog/

  吉田裕史プロフィール

 東京音楽大学指揮科、同研究科卒業。1999年に文化庁の在外研究員に選ばれ、ドイツ、イタリアで研鑽。2007年、ローマ歌劇場カラカラ浴場野外公演を指揮し、長くローマ歌劇場副指揮者を務めた。2010年、北イタリアのマントヴァー歌劇場音楽監督に就任。ラトビアでは同年1月に「椿姫」を指揮してデビューした。東邦音楽大学特別准教授、同大学院講師。ローマ在住。

 「蝶々夫人」鑑賞ラトビア5日間の旅 

近畿日本ツーリストが5月25日出発で参加者を募集しています。これも上記のサイトに詳しく出ています。

 
最終更新日 ( 2010/04/02 金曜日 15:48:30 JST )
 
< 前へ
サイト内記事検索
人気記事