Home   トピックス   ラトビア語教室  
2020/05/30 土曜日 08:20:16 JST
Home arrow トピックス arrow 2020年2月のニュース arrow 【2月17日】三菱UFJ銀行合唱団第9回定演の「クリスマス・オラトリオ」
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【2月17日】三菱UFJ銀行合唱団第9回定演の「クリスマス・オラトリオ」 PDF プリント メール
作者 webmaster   
2020/02/17 月曜日 16:42:52 JST


写真はプログラムに掲載された前回の「ヨハネ受難曲」のものです。

 

 

三菱UFJ合唱団定演「クリスマス・オラトリオ」

何たってバッハですね。最高です!!至福の3時間

今年はベートーベン生誕250年で、実は新年から全作品を聴くことを決意しでベートーベン漬けの毎日を過ごしています。親しいある作曲家が「私の中3Bはバッハ,ベートーベン、バカラック(ポップスの有名な作曲家で私も大好きです)」と話していましたが、要するにバッハ、ベートーベンは誰もが認める二巨星。どちらが好きかは人それぞれですが、私はバッハ派です。3Bの3人目は人ぞれぞれのようですが常識的にはブラームスでしょうか?


今回は清水光子さんが連続出場されている三菱UFJ銀行合唱団第9回定演の「クリスマス・オラトリオ」を満喫しました。休憩を挟んで至福の3時間でした。この合唱団はパートバランスも最高で極めてレベルが高く、芸大出身の4人のソリスト、次々にソロ演奏がある27名の優れたオケ、その上、バッハ演奏に定評のある水野克彦さんの指揮ですからもう最高のバッハでまだ余韻にひたっています。
毎回大曲に挑戦するこの合唱団のパワーと意欲に深く敬意を表します。前回の「ヨハネ受難曲」この時も大変興奮しました。

今年もホール入口に草月流石川光翠さんによる素晴らしい祝花が飾られました。誰もが知る石川了会員夫人.夫婦そろって当協会にいろいろ貢献されています。春を呼ぶ華やかな祝花を囲んで私と3ショットを撮りました。母上の光子さんがステージ上で若々しく颯爽と歌っておられました。(徳田浩)

(2月2日・オペラシティコンサートホール)

最終更新日 ( 2020/02/17 月曜日 16:57:47 JST )
 
< 前へ   次へ >
サイト内記事検索
人気記事