Home   トピックス   ラトビア語教室  
2020/10/23 金曜日 06:00:09 JST
Home arrow トピックス arrow 2020年2月のニュース arrow 【2月9日テスト】鉄人稲田弘さん、相変わらずの美声で熱唱
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【2月9日テスト】鉄人稲田弘さん、相変わらずの美声で熱唱 PDF プリント メール
作者 webmaster   
2020/02/09 日曜日 18:48:38 JST


 

※これはホームページアップロードのテストです。 

鉄人稲田弘さん、相変わらずの美声で熱唱

 平均年齢82歳のクインテットが大受け

 

 

世界最高齢で最もハードなトライアスロンを完走して世界にその名を轟かせた稲田弘さんが、現役時代さながらの力強い美声を披露して大喝采を浴びました。

筆者(徳田)が親しくしている医師が昨年秋の叙勲に輝き、大祝賀会の席で是非歌ってくれと懇願されて断り切れず、ワセグリの古いOB16人で20年間歌っていたローガンDX2010年さよならコンサートで解散)のメンバーだった稲田さんら4人に声を掛けました。もちろん全員快諾。ほぼぶっつけ本番でしたが、さすがに昔とった杵柄で5本のマイクを駆使してポップス5曲を歌い切りました。ところが予想に反して大受けでこちらがビックリ。途中で稲田さんの年齢・偉業と、今年も85歳で挑戦しギネス更新を目指していることを紹介したところ、会場は驚嘆と激励の大拍手が長時間続き、その美声と共にお客様のハートを完全にキャッチしていました。司会は早稲田法学部後輩でテレビ朝日の下平さやかアナが務め、「早稲田グリークラブOBによる平均年齢82歳の若々しい声をお楽しみください」と盛り上げてくれたことも大きかったようです。メンバーは左から鈴木賢一、稲田弘、徳田浩、三雲孝夫、宮地和夫。ワセグリのオールドパワーまだまだ健在です。(21日・ホテルニューオータニ幕張)(徳)


最終更新日 ( 2020/02/09 日曜日 22:10:17 JST )
 
< 前へ   次へ >
サイト内記事検索
人気記事