Home   トピックス   ラトビア語教室  
2021/03/05 金曜日 16:25:16 JST
Home arrow トピックス arrow 2014年11月のニュース arrow 【11月28日】報告 日本ラトビア友情プロジェクト2014
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【11月28日】報告 日本ラトビア友情プロジェクト2014 PDF プリント メール
作者 webmaster   
2014/11/28 金曜日 19:29:54 JST

 

報告 日本ラトビア友情プロジェクト2014

              日本ボーイスカウト富士地区 川島泰彦

 

 私達のラトビアとの友情プロジェクトは今年で6回目を迎え、来日したラトビアスカウト9名、ラトビアを訪問した日本のスカウト11名、合計20名の若者たちが友情を育み交流を楽しみました。

 2008年、来日したガールスカウトリーダー、リエネは日本ファンになり、再度ラトビア大学に入学し、今年6月日本文学の学位を取得、2009年に派遣された具志堅さんは本年派遣のリーダーを引き受けてくれました。 このことは私にとりこの上ない喜びでした。 スカウトと言っても半数以上が成人ですがチャンスがある毎に再会を楽しみ、ファイスブックで交流しているようです。

 

 2014派遣団は具志堅唯さん(リーダー 会社員25才)、黒川麻伊さん(記録係 高校2年)、谷津倉由真さん(映像係 高校2年)、里和健三郎君(会計係 高校1年)の4名でいずれも優秀な若者です。 7月28日から8月11日までの2週間にわたってラトビア側が立てたプログラムでキャンプ、カヌーツアー、ホームステイをしたりで大いにラトビアを満喫してきました。 出発時の少々不安そうな表情が帰国した時には笑顔があふれた自信満々顔になっていたことが全てを語っているようです。 きっと日本とラトビア間交流の主役になってくれることと信じます。

 

 以下に滞在スケジュールとスカウトたちの報告文の一部を写真と共に掲載いたしますのでどうぞご覧ください。 

スケジュール

728日   1720 リーガ空港着 各自ホームステイ先へ

729日        リーガ観光と日本大使館表敬訪問

730日        ダウガヴァ川カヌーツアー

731日(木)~82日 バルミエラ方面 カヌーツアー

             ローバーキャンプ参加

83日(日)      オグレ スカウトミュージアム

             シルバーウルフと面会

84日         リーガ スカウト隊と交流

85日(火)      ユールマラ ヨットでシースカウトと交流

86日         リーガ アボルティニャ国会議長表敬訪問

               ラトビア外務省訪問とラトビア大学生と交流

87日         ライ麦パン工場見学と実習

88日         ローバースカウトと交流

89日(土)      リーガ 送別会  荷造りタイム

810日(日)     Fairwell to Latvia 

811日(月)  0855 成田着

730

具志堅 スカウトたちの顔に変化が出てきた。日本にいたときとは違い目が輝きイキイキしていた。また、Lieneがリガの街を日本語でガイドしてくれたが、彼女の日本語の上達の速さに驚かされた。ラトビアの人々のいくつもの言語を流暢に操る能力は半端じゃない。学習方法を教えてもらいたい。

731

黒川 一日でカヌーの漕ぎ方が見違えるほど上達した。バルミエラのスカウトともたくさん交流できた。皆で見ることができたあの満天の星空は忘れない。ただただ川の流れに任せて流れていく時間は自分が日本の高校生であることを忘れそうになった。

85

黒川 ニクスと再会。三年前の私はラトビアで再びニクスに会うなんて想像もできなかったがこうしてまた会うことができ、今更だがこのプロジェクトに参加して良かったと思った。海の上から見る夕焼けは綺麗だった。

731

里和 ボートトリップ。途中の雨にはさすがにまいったけど、夕食のマカロニと満天の星空で相殺どころか二倍以上満足感があったからオールオッケー。カルビスとロバートととても仲良くなれた気がする。三隻のボート合体。松の葉が痛いことを初めて知った。

87

里和 いつになくダービスの顔が少し険しかった。どんな国でも、戦争は必要とされない時代になった。それでも、あった事実まで消すことはおそらく、永遠にできないことだろう。自分たちは、事実を元に、二度と戦争が起こらない世界を維持しなければならない義務がある。今日は一番真面目になれたかもしれない。

82

谷津倉 3日間カヌーを漕ぎ続け腕が筋肉痛になった。朝のフリーマーケットは民族衣装を着て踊っている女性が美しくて見惚れてしまった。伝統的な物や伝統的な衣装、伝統的な食べ物など、ラトビアの伝統に触れることが出来た。足つぼ公園は思った以上に足に激痛が走り、自分の不健康さ改めて実感した。

810

谷津倉 別れの日。リンダとダービスのお母さんが空港まで送ってくれて、ラトビアスカウトのチーフを貰った。スカウトだけで飛行機に乗るのは初めてで、新富士駅まで辿り着けるか不安だった。ラトビアの方たちはとても優しく歓迎してくれた。私も来年ラトビアの方を受け入れる時、精一杯歓迎してあげようと思う。本当にありがとうございました。

講評

記録係として文書を作成し4人の感想をまとめていく過程で、二週間をもう一度一から振り返ることができた。それぞれの目が映したラトビアは美しいことに変わりはないが、同じ体験にも違う見方があり、それらを一つ一つつなげていく作業は、とても興味深いものとなった。ただ4人にはラトビアへの愛とこのプロジェクトにかかわっていただいた全ての方への感謝の気持ちは共通する。                

黒川麻衣

 

最終更新日 ( 2014/11/28 金曜日 19:46:18 JST )
 
次へ >
サイト内記事検索
人気記事