Home   トピックス   ラトビア語教室  
2018/05/23 水曜日 00:28:55 JST
Home arrow トピックス arrow 2008年12月のニュース arrow 【12/5】ラトビアとのボースカウト友情プロジェクト始まる
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【12/5】ラトビアとのボースカウト友情プロジェクト始まる PDF プリント メール
作者 webmaster   
2008/12/09 火曜日 23:12:26 JST

ラトビアから3名来日、終始笑顔で3週間の多彩なスケジュール楽しむ

交流キャンプ、富士登山、ラトビア大使館訪問、お茶会、工場・社寺見学…… 

日本ボーイスカウト富士地区  

 724日、ラトビア共和国から23歳の女性リーダー、リエーネ、17歳の男子スカウト、アーチス、女子スカウト、ポーリーナの3名が中部国際空港に降り立った。リエーネは5ヶ国語を操る才媛、アーチスはスカウト技術抜群、ポーリーナは昨年の世界ジャンボリーに参加した。12名から選抜された優秀なスカウト達だ。3人とも礼儀正しく、常に笑顔で、しっかりした英語を話す立派な若者という第一印象は、3週間接してその通りだった。3人は富士市内10軒のスカウト家庭に1週間ずつ分宿し、日本を知り、友情を育んだ。812日に帰国する時は、スカウト達もホストファミリーも涙を流して別れを惜しむほど友情は深まった。

 滞在中、行事が多かったが、日本の厳しい暑さの夏に負けることなく、常に笑顔でスケジュールをこなしたのは見事だった。主な行事は歓送迎会、スカウト交流キャンプ。共にテントで生活し、同世代で環境問題などを話し合い、キャンプファイヤーでは歌や踊りで交流を深めた。さらに一行は、斉藤斗志二代議士、富士市長表敬訪問、東京見学、在日ラトビア大使館訪問を行った。東京見学は渋谷の友好団の協力で実現し、スカウトの家庭に滞在して大都市を楽しんだ。大使館ではエギリス次席、グナ書記官、オレグス館員の心暖まる歓迎を受け、しばしラトビア語での報告話に花が咲いた。次に訪問した日本ガールスカウト本部では、1960年代に日本とラトビアの間で友情の交流があった証拠の品を目にすることができ、一同大いに感激した。

 富士登山、お茶会、工場や寺社見学など盛り沢山だった。特に山がない国から来た彼らは、富士山での貴重な体験とご来光の荘厳さに心を打たれ一番記憶に残っただろうし、サポートしてくれた人々との友情も生まれた。 送別会では両国の若者達が見事に打ち解けて、友情の花を咲かせている様は実に美しく見えた。来年は富士地区のスカウトがラトビアを訪問する計画で、さらに友情が深まることを期待したい。

 

 ラトビアスカウト来訪の経緯

  戦前、独立国であったラトビア共和国でベリザース・ラジン氏はスカウト運動創設者の一人として傑出した役割を果たし、その貢献に対し、1993年BS運動創設者ベーデン・パウエル卿より最高章シルバーウルフが手渡された。しかし1940念ラトビアがソ連軍侵攻によって占領されると同氏はやむなく米国シアトルに亡命した。

 1968年、同地におちて少年時代からスカウトだった23歳の私に出会い共にボーイスカウトであることが分かり、比類ない友好関係を築き上げた。1973年にラジン氏が69歳でこの世を去った後、弔問に訪れた私に家人はラジン氏が命より大切にしていたウルフ章を遺品として託した。以来、ウルフ章は霊峰富士の麓に33年間大切に保管されてきた。 1991年ラトビアが独立し、しばらく後スカウト運動が復活したことを知ると、私と志を同じくスカウト一同は、ウルフ章ラジン氏の愛してやまなかった祖国へのウルフ章返還を決意した。同時にウルフに土産に背負わせて返そうと募金運動も開始した。

 かくして1993年に手渡されたウルフ章は、1940年代にラジン氏と共に戦乱のラトビアからドイツ、英国を経てアメリカに渡り、1974年、私と共に日本に移った。そして2007年、奇しくもボーイスカウト運動100周年に当たる年に開かれた世界スカウトジャンボリーで返還式を行い、友情の証明を得て、富士地区代表団の手によって、ラジン氏の愛する祖国ラトビアへの帰還が実現しました。 ラトビアのスカウター・ラジン氏と日本のスカウター・私が育んだ友情の絆を記念し、最高章シルバーウルフを通じた友情に敬意を払い、これらの礎の上に今後両国の若者が新たな友情の絆を創り上げることを目的とした合意がなされ、今回の来訪が実現したのが経緯であります。 ウルフ章に背負われたお土産は多くの幅広い協力者を得て、現在ラトビアの地に『ラジン記念友好基金』として存在し、この交流をサポートしております。 

【この原稿は川島氏から日ラ音楽協会ニュースLatvijaに寄稿されましたが、紙面の都合で一部抄録掲載しましたので、ここにカラー写真と共に全文収録しました。Latvija編集室】

1 富士のスカウト達に囲まれるラトビアスカウト

2 ラトビア大使館訪問 スカウト達は訪日して初めてラトビア語で話した

3 富士山頂にラトビア国旗を掲げる

4 五合目登山口でサポートメンバー達と

5 富士市長表敬訪問

6 お茶会で浴衣姿で寛ぐ日ラスカウト達

7 送別会 日本のスカウト達と別れを惜しむ

8 送別会でハッピをプレゼントされて大喜びのラトビアスカウト

 
最終更新日 ( 2008/12/21 日曜日 23:36:04 JST )
 
< 前へ   次へ >
サイト内記事検索
人気記事