Home   トピックス   ラトビア語教室  
2018/10/20 土曜日 03:39:42 JST
Home arrow トピックス arrow 2013年3月のニュース arrow 【3月29日】リガ市写真ショウ4 藤井会長連載12
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【3月29日】リガ市写真ショウ4 藤井会長連載12 PDF プリント メール
作者 webmaster   
2013/03/29 金曜日 17:42:06 JST

ハンザ商人たちの思い出(2)

 

 

 

    

 

 5大ギルド館と小ギルド館 フィルハーモニリヤス広場に、右:大ギルド館、左:小ギルド館が小さな通り(アマート通り)を挟んで対峙し、ハンザ同盟都市時代の雰囲気が今に残っている(撮影2006年)。

    

 

 6大ギルド館と猫の家 大ギルド館の右隣りに建つ猫の館の主は、ギルドと敵対関係にあり、屋根の上の猫をギルド館に尻尾を向けて据え付けた。その後、ギルド館はコンサートホールに転用され、音楽好きの猫は向きを変えたという(撮影2006年)。

    

 7フィルハーモニアス広場周辺の建物 左:自由大通りと火薬庫、右:アマート通りの見事な建物 (左)フィルハーモニアス広場に近い自由大通りに店開きする琥珀屋さん。この写真を撮影した頃は、とにかく安かった。奥に見えるのは、リガ創建時の城壁に作られた火薬塔である(撮影1998年)。(右)フィルハーモニアス広場からアマート通りに入ったところにある見事な建物。これは普通のオフィスビルである(撮影2006年)。

   

  8三兄弟の家 15世紀から16世紀に建てられた古い住宅。三兄弟のように寄り添っているのでこう呼ばれている。現在は中が一体となって建物博物館として使われている(撮影2006年)。

最終更新日 ( 2013/03/29 金曜日 17:46:16 JST )
 
次へ >
サイト内記事検索
人気記事