Home   トピックス   ラトビア語教室  
2020/05/31 日曜日 21:39:04 JST
Home arrow トピックス arrow 2012年2月のニュース arrow 【2月3日】D.・ヴァイマン ピアノリサイタル
メインメニュー
Home
トピックス
協会案内
ラトビア音楽情報
協会ニュース「latvija」
検索
お問合せ
ラトビア語教室
協会合唱団「ガイスマ」
管理用エリア
【2月3日】D.・ヴァイマン ピアノリサイタル PDF プリント メール
作者 webmaster   
2012/02/03 金曜日 10:09:44 JST

ディーナ・ヨッフェの子息 

1978年リガ市生まれの新進ピアニスト、ダニエル・ヴァイマンの日本初公演。招聘するのはプロ・アルテ・ムジケで、ラトビア大使館と日本ラトビア音楽協会が後援する。【Latvija編集室】

   

公演名

ダニエル・ヴァイマン ピアノリサイタル Daniel Vaiman Piano Recital

公演日程/場所/チケット

201248[] 14:001330開場)白寿ホール 

全席指定 一般4000円 学生3000円(お問い合わせ0339436677

演奏曲目

L.v.ベートーヴェン:ピアノソナタ第3 ハ長調 op.2-3F.ショパン:ピアノソナタ第2番 変ロ短調「葬送」op.35P.I.チャイコフスキー:組曲「くるみ割り人形」 op.71a
S.
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番 変ロ短調
op.36

 

  ダニエル・ヴァイマン Daniel Vaiman, piano   1978年ラトビアのリガ生まれ。幼少より音楽に親しみ、母のディーナ・ヨッフェより最初のピアノの手ほどきを受ける。4歳よりリガのダルツィンス特別音楽学校にて学び始める。一家でモスクワに移り住んだ後、わずか6歳でグネーシン特別音楽学校に入学。1989年からは一家で移ったイスラエルにてピアノの研鑽を続ける。1994年、イギリスへ渡り、パーセル音楽院に全額給付奨学生として入学。続いて19962000年、全額奨学生として英国王立音楽院に学ぶ。 2001-2003年、カールスルーエ音楽大学(ドイツ)にてカレ・ランダルのもと学び、修士課程修了。続いて、チューリッヒ芸術大学修士課程にてオメロ・フランセシュのもと研鑽を積み、演奏と教育の両方で修士号を獲得。 ジュニア・ジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクール(アメリカ、ソルトレイクシティ)、ニューポートピアノコンクー ル(イギリス)、ポントワーズ国際ピアノコンクール(フランス)、“エンニオ・ポリーノ”ピアノコンクール(イタリア)など多くのコンクールで、最高位など多くの受賞。ラインガウ音楽祭(ドイツ)、グッビオ音楽祭(イタリア)、ゲント・ショパン音楽祭(ベルギー)、「アンデの水車小屋」音楽祭(フランス)、クライバーン音楽学校マスタークラス(テキサス)、サミット音楽祭(ニューヨーク)、ナイアガラ国際音楽祭(カナダ)、ショパン音楽祭(ポーランド、アントニン)、オーヴェル・シュル・オワーズ音楽祭(フランス)、横浜市招待国際ピアノ演奏会など、多くの国際音楽祭に招かれ、セント・ジェームズ宮殿におけるチャールズ王太子出席のコンサートでも演奏。イスラエル、エストニア、韓国などのラジオでリサイタル生放送も多く、またイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団、ロンドン・ソロイスツ室内管弦楽団、セント・マーティン・アカデミー管弦楽団、カメラータ・チューリッヒ、モラヴィア交響楽団など多くとソリストとして共演している。CD2005年にDaniel Vaiman Plays Liszt, Ravel, Prokofiev2010年にカールスルーエ・ヴェルテザールで収録の「くるみ割り人形」がある。2009年より、ツーク市音楽学校にて教鞭をとっている。  

最終更新日 ( 2012/02/12 日曜日 11:14:23 JST )
 
< 前へ   次へ >
サイト内記事検索
人気記事